読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くせげブログ

くせげブロガーの住本大輔です。好きな悪魔はカシミールナポレオンとDark=Kocangです。

「地の利」が無い海外での『ひとり飯』に野武士、困惑。

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

 

野武士であり軍師でもある私だが
ここ最近はかなりの苦戦を強いられている。



ラーメン、バーガー、牛丼、寿司、居酒屋、はては焼肉まで。
あらゆる場所での「ひとり飯」で連勝を重ね、
メニューを少しなぞるだけで軍略を練り、
陣を敷くことができるようになった私こと野武士は、
領土の近隣をほぼ制圧したことから、現在は南方へ遠征しているのだ。


遠征といっても隣町とか河をちょっと渡ったところとかそんな程度ではない。
赤道直下の常夏の国へだ。


そのような場所ともなれば、その様相は日本とはかなり異なる。
日本の常識が通用しないのだ。

例えば、こちらが悠長に名乗りを上げていれば、
その間に矢で射られてしまう。

流石の野武士もタジタジ、タジキスタンである
(ちなみに言っておくが遠征先はタジキスタンではない)


1戦目


とても兜なんかかぶっちゃいられない炎天下の中、
足で見つけた良さげな店。
今日の戦場はここだ。



人通りの多いメインストリートから一本入った路地に、
白を基調にした新しく清潔な外観の店が立つ。

2階はテラスになっていてちょっとしたパーティもできるようだ。
まぁ、ひとり飯の戦法を得意とする野武士には関係ないのだが。


ここなら屋台とは違って、
なんだか濁った水を使いまわして食器を洗ったりもしてない。
安心だ。
いい。



期待を胸に入店。
さっそくメニューが出てくる。



ほうほういいじゃないか。
流石に日本の料理とは違うが、
写真付きのメニューを見ているだけで食欲がわいてくる。



このチキンウイングなんかいいんじゃないか?
それだったらビールがあれば最高なんだが……あった。


これはもう注文する前から再来訪決定だ。
野武士の頭の中の軍師がそうささやいている。


であれば、とりあえずビールに、チキンウイングに、
あと1品軽いものがあれば……おお、春巻きがある。
これで決まりだな。



さっそく定員のお兄さんを呼びつける。
流れるような注文で有利な局面がとれそうだ。



「ビールと、チキンウイングと、春巻きで!」
「チキンウイングと春巻きは品切れです。」
「(ええー!)」



ま、まあこういうことはままある。
慌てず別の料理を選べばよいのだ。
ただし、あくまでスムーズに、コンセプトは変えずに。



「それじゃあ、ツナサラダとかラムステーキは?」
「品切れです。」
「(ズコー!)」



なんということだ。
メニューのほぼ半分が品切れじゃないか。
あんなに立派な店構えだったのに、実際はほとんど中身がないとは。
ここの軍師にしてやられたか。
この店はおとりだったのか(何の?)



「……じゃ、じゃあトムヤムヌードルとビールで」
「それならあります。」



運ばれてくるビールとトムヤムヌードル。


トムヤムは日本の野武士には刺激的すぎる辛さ。
すっきりした味わいのビールは口の中をきれいに洗い流し、
トムヤムの次の一口をまた新鮮な気持ちで味わわせてくれる。


慌てた結果、微妙な注文をしてしまった野武士。
惨敗である。



 

2戦目


野武士はSNSも使いこなす。

今日はInstagramで見つけたオシャレカフェが戦場だ。



ここは日本をイメージしたメニューが多く、
店名を「すもうブー」という。


「いらすとや」さんテイストのかわいい力士がイメージキャラクターの
オシャレでキュートでアーバンなカフェだ。


明るいイエローの壁紙と柱に絡まるツタにメルヘンを感じる。
野武士はこういうところでも戦う。



ここにきたらアレを食べるつもりでいた。
名物であるかき氷だ。



ここのかき氷はサイドにアイスクリームがトッピングしてある。
その左右上方にはフルーツが乗っていて顔のような形に。


そう。
ここではクマさんかき氷が食べられるのだ。



インスタで見つけてからずっと心をときめかせていた野武士。
意気揚々と合戦場へ向かう。



あいにく天気はあまり良くないが、
幸いにもここは街で一番大きなショッピングモール内。
入り口にはセキュリティやタクシー乗り場もある。


ここであれば食事中に急なスコールがきたとしても
帰りはタクシーを呼んでしまえばよい。
退路も確保できている。


野武士は勝利を確信した。



さっそくメニューを受け取り、どう陣を敷くか考えを巡らせる。
と、メニューの隅に"SAKE"という文字を発見。

なんと! ここではSAKEがいただけるのか!



野武士が出兵しているのはイスラム教が広まった土地。
なかなか酒の飲める場所を見つけることはできない。
日本酒ならなおさらだ。


それに日本酒があったとしても、1.5合ビンで2000円くらいしやがる。
それがここでは500円で飲めるだと?


まさかスイーツ目的で来たのに
こんな発見をすることができるとは!
これは思いもよらない収穫だ!


野武士、異国の地で大勝利!!





予定を変更して"SAKE"を注文。





「今日はありません」
「( ドヒャー!!!! )」



SAKEをたしなむつもりでいたから、もうお腹はスイーツではない。
惨めな気持ちになりつつ
パッサパサの焼き鳥丼を激甘な緑茶で流し込む野武士。


そんな野武士に追い打ちをかけるように、
向かい側の席にカップルが座る。


向かい合わせではない。
横並びで、こちらと対面する形でだ。


焼き鳥丼を食べる。
カップルと目が合う。

激甘な緑茶を飲む。
カップルと目が合う。


周りを見渡すと、
そこには同じように横並びで座るカップルが。
カップル座りの陣だ。


ええー、イスラムなのにそういうのはいいの?
日本だったら恥ずかしくってできないよー。

 

携帯を見てるフリをしてみる。
クマさんかき氷をシェアしてるカップルと目が合う。

 


野武士に逃げ場なし。
惨敗である。


 

※この記事は「食の軍師」ファンが「野武士のグルメ」ってたぶんこんな話なんだろうな?っていうのを勝手に想像して書いた記事です。「野武士のグルメ」がどんな作品なのかは、原作マンガか「Netflix」を見ましょう。

 

Sponsored by Netflix

あのネコ型ロボットっぽいけどなんか違うやつを「パチえもん」って呼んでる

 

くせげブロガーの住本です。
バーグハンバーグバーグのまきのさんを個人的にライバル視しています。

さてさて私すみもと、ナンダカンダありまして今はインドネシアで暮らしております。

 

ドラえもんのぬいぐるみ。上半身


これはインドネシアのドラえもんです。




ドラえもんのぬいぐるみ。胴が長い


長い。



こっちに来てから1年くらい。
日本が恋しいかと聞かれるとそうでもないんですが、気になっていることがあります。


「ドラえもんの新作映画がみたい」

 

ドラえもんが大好きな私。
日本を離れてる間に公開された「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が気になってしょうがありません。なんとかDVDを手に入れられないかと探しているのですが、なかなか見つかりません。

 

インドネシアにはちゃんとライセンスを取ったドラえもんも、明らかにイリーガルな闇ドラえもんも存在します。闇えもんには手を出さないようにしてます。

 

ただ時折、"海賊版"というよりは"同人グッズ"。むしろ"おじいちゃんが孫のために頑張って作った"といった趣のなんだかほっこりするやーつを見かけることがあります。

 

どうやらドラえもんのようなんだけど、なんか違うやつ。
僕はそれを"パチえもん"と呼ぶことに決めました。


今回は映画を見れない寂しさを埋めるべく買った"パチえもん"の中からお気に入りをご紹介いたします。




スマトラ島の南端、バンダル・ランプンで出会った"パチえもん"




僕の住んでいるのはインドネシア・スマトラ島のパレンバンってとこ。
バンダル・ランプンはそこから南にいったところ。
海のきれいな街です。


バンダル・ランプンの海岸


海岸はたくさんの観光客が集まる人気スポット。

 

バンダル・ランプンの象


近くにはゾウと遊べるスポットも!

 

バンダル・ランプンの海岸


のんびりした空気が流れます。

 

 

ここで買いました

海岸沿いのお土産屋さん


お土産屋さんを発見!
あやしげなキャラクターグッズの気配を感じるぞ!

 

お土産屋さんで売っているパチえもん


あったー!

 

 



あらためてじっくり見てみましょう

不気味なパチえもん


どこから言及していいか悩みますが、とりあえずこんな奴が机の引き出しから出てきたら全力で押し返して2重か3重くらいにカギをかけると思います。


うろ覚えで描いたドラえもんをそのまま立体化したような風貌。

ピエロのなりそこない?みたいな雰囲気を感じます。

 

 

 

パチえもんの真っ赤なポケット


血塗られたポケットからは血塗られた名刀電光丸とかが出てきそうです。


 

後ろから見たパチえもん


ゼンマイがついてて、ネジを巻くと左右に揺れながら太鼓をカタカタたたきます。
世界観とかは気にしちゃダメです。

 

 

青くて長い手


バチを持つ青色の手が不気味です。

 

 

 

太くて真っ赤な首輪


真っ赤な太めの首輪は飼い猫(?)の証。
猟奇的に太鼓をたたき続ける運命からは逃れることができません。

 



動画も用意しました。
ご査収ください。




太鼓が外れたのでテープでくっつけてあります。
右手もすぐこわれた。

 

 

 

 

タイ・チェンマイで買った"パチえもん"



ちょっと遠出してタイに行ってきました!

タイ・チェンマイはたくさんのお寺が立ち並ぶ人気のスポット。
夜空をランタンが埋め尽くすスカイランタンなんかも有名ですね!

チェンマイのトゥクトゥク


トゥクトゥクに乗ったり

 

チェンマイの寺院


お寺を見て回ったりしました。

 

カオマンガイ


カオマンガイもうまいぞ!

 

 

ここで買いました。


そんなチェンマイのナイトマーケットに行ってみました!

チェンマイのナイトマーケット


すごい数の出店が並びます。
福岡で言うと放生会が毎日やってるかんじ
すごい。

 

革製の象のキーホルダー


ゾウのグッズがたくさん!

 

象のTシャツ


ゾウのTシャツも買った!

 

タイの身代わり人形


そこで見つけたのがこちら。
タイの身代わり人形です。
開運や魔除けになるパワーが込められてるらしい。

最近はお土産用にかわいいデザインのものが多いみたいです。

 

タイの身代わり人形のキャラクターアレンジ


これは……あるな。
パチえもんハンターとしての勘がさえます。

 



買ってきました。
こいつです。

 

タイ・チェンマイで見つけたパチえもん



かわい……ん?



人形のもともとの可愛さに騙されそうになりますが、このなんか違う感がたまりません。

赤鼻から直接生えてるお髭は、なんか猫っていうよりネズミっぽい。

鈴はクリスマスのときとかに飾るあのタイプです。

 

 

パチえもんの青いポケット


ポケット。

パチえもんにはよくあることなのですが、どうしても色を塗りたがるパチ作家が多い。あれか、囲ってあったら塗ってみたくなるのか。windowsのペイントを初めて触る小学生なのか。

 

横目でこちらを見つめてくるパチえもん


ちなみに不気味な離れ目は黒目部分が動くようになっており、横に寝かせるとたまに目が合っていい感じです。



正面からのパチえもん


総じて何も考えてなさそうなカオのパチえもんですが、週末にはころばしやをスペシャルな感じにカスタマイズして遊んでそう。血の付いた名刀電光丸を無表情で手入れしてそう。地球はかいばくだんをバイバインで増やしてそう。

 

 

 

 

 

インドネシアの古都 ジョグジャカルタ で出会った"パチえもん"

 


次はインドネシアの京都ともいわれる「ジョグジャカルタ」です。

ジョグジャカルタ ボロブドゥール遺跡


代表的な観光地のボロブドゥール遺跡は1000年もの間、火山灰と密林に覆われていたという歴史もあり、ユネスコの世界遺産に登録されています。



ここでは観光客向けにいろんなキャラクターの着ぐるみがいて、
一緒に写真撮影したりできます。

 


ここで遭遇したパチえもんがこちら。

 

ジョグジャカルタのパチえもん


なんか元気のないエクトプラズムみたいなのが出てる!



これ、ポケットから出てるんだけど、何だと思ってつけたんだろう?
だるんだるんの首輪に引っかかってようやく引きずらずに済んでいます。


そしてやっぱり黄色いポケット。
これ、敢えて色を塗ることで「ドラえもんじゃありませんよー。オリジナルのやーつですよー」ってことにしてる?


ともかく黄色い尻子玉みたいなのが気になってしょうがありません。



パチえもんの着ぐるみの口


大きな口。
やんちゃすぎる子供たちが何人も餌食になりました。

 

 

パチえもんと一緒にパチリ


写真撮ってもらっちゃった!
このあと僕も餌食になりました。

 

 

 

 



ということで、秘蔵の"パチえもん"コレクションでした。

実は海外に住んでる友達とLINEのグループを作ってます。
そこではボディの白色部分を全部緑色に塗ったサッカーをするブラジル産のパチえもんなどなどの味わい深い作品も見れて大変満足しています。

みなさんも「これは!」と思うパチえもんを見かけましたら、ぜひお知らせいただけたらと思います。

 

スミモト ダイスケ@インドネシア (@sumocon) | Twitter

 



本当はこういうサイトでちゃんとしたキャラクターグッズとか、
event.rakuten.co.jp



正規のDVDが買いたい。

books.rakuten.co.jp

 

 



「南極カチコチ大冒険」もみたいぞ

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー